株式会社ベストバンク

 0120-03-0140
お問い合わせ

【フラット35】Q&A

フラット35と言えばのコピー (1).png

 

 

 金利引下げについてのコピー (1).png

▼フラット35はどんな住宅ローンですか?

▼フラット35はいろいろな金融機関で取り扱っていますが、どこで借りても条件は一緒ですか?

▼申込ができる人の要件を教えてください

▼金利が下がる条件を知りたいです 

▼親子リレー返済とは何ですか?フラットで親子リレー返済はできますか?

▼ほかのローンも返済中なのですが、住宅ローンを組めますか?

▼自営業やパート、契約社員、シングルファザー・シングルマザーでも住宅ローンを組めますか?

金利引下げについてのコピー (2).png

▼連帯債務とは何ですか?

▼総返済負担率とは何ですか?

▼住宅ローンを借りるのはどの金融機関がいいのでしょうか

金利引下げについてのコピー (3).png

▼住宅ローン相談には料金がかかりますか?

▼住宅ローン相談はどんなことを相談できますか?

▼どのタイミングで住宅ローン相談をするといいですか?

▼マイホームの購入を考え始めたばかりで、住宅ローンのことが全く分かっていません。それでも住宅ローン相談を利用してもいいですか?

▼電話やメールでの相談もできますか?

▼子供を連れて行ってもいいでしょうか

▼来店相談はどれぐらい時間がかかりますか?

  

 

 

 

金利引下げについてのコピー (1).png

アスタリスクライン.png

Q.フラット35はどんな住宅ローンですか?

A.全期間固定金利型の住宅ローンです。フラット35は固定金利型住宅ローンの王様👑です!

 

借入時の金利が借入期間中ずっと続くので、毎月返済額が変わることがないのが大きなメリットです。

このような住宅ローンは他にありません!

また、返済額が変わらないことで返済計画が立てやすいこともおすすめポイント💡

変動金利型住宅ローンのほうが金利が低いため多くのお客さまは変動金利型を選択していましたが、ゼロ金利政策が解除されて以降フラット35のお問い合わせも徐々に増えています。

総返済額の損得よりも、安心・安全に完済したいお客さまにおすすめしたい住宅ローンです。

やっちゃダメ3選で解説ボタン.png

 

アスタリスクライン.png

Q.フラット35はいろいろな金融機関で取り扱っていますが、どこで借りても条件は一緒ですか?

A.金融機関(銀行、モーゲージバンク)によって金利やつなぎ融資の有無、融資手数料に違いがあります。

 

フラット35を取り扱っている金融機関は大きく2種類あります。

 

全期間 固定金利型 (2).png

 

銀行は預金業務、為替業務、貸出業務(住宅ローン、マイカーローン…)など幅広い業務内容です。

一方、モーゲージバンクは住宅ローン専門の金融機関です。

私たちベストバンクも「モーゲージバンク」であり住宅ローンに特化した会社です。

フラット35だけでなく、変動金利型やつなぎ融資も対応しています。

福井県の住宅ローンの取り扱いに自信があります!スタッフ全員が経験豊富です✨どうぞお気軽にご利用ください😊

 

   \モーゲージバンクってなんだ?/

  インスタ投稿へボタン.png

 

アスタリスクライン.png

Q.申し込みができる人の要件を教えてください

A.以下の①~③のすべての要件を満たすことができる人です

 

①申込時の年齢が満70歳未満の方

※連帯債務者になる方がいる場合は、その方の年齢も満70歳未満であることが必要です。

※親子リレー返済を利用する場合は、満70歳以上の方もご利用できます。

ただし後継者の申込時の年齢が満70歳未満であることが必要です。

 

②日本国籍の方、外国人の方は永住許可を受けている方または特別永住者の方

 

 

③総返済負担率(年収に占めるすべての借入れ(フラット35を含む)の年間合計返済額の割合)が次の基準を満たしている方

最大のコピー (1).png

 ※全ての借入れとは【フラット35】のほか、【フラット35】以外の住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローン(クレジットカードによるキャッシング、商品の分割払いやリボ払いによる購入を含みます)等を言います。

 

アスタリスクライン.png

Q.金利が下がる条件を知りたいです

A.フラットの金利引下げメニューはポイント制です。

最大年1.0%の引下げ!さらに、ポイントが高ければ高いほど引下げ期間が延びます。

以下の図でお客さまは何ポイントになるか、ぜひご確認ください。

 安心R住宅.png金利引下げについて.png

 

トップページ フラット35のコピー.png

 

そのほか、取得する物件の地方公共団体と連携した金利引下げメニュー【フラット35】地域連携型【フラット35】地方移住支援型もございます。地方公共団体によって違いますので、個別にご相談承ります。

 

金利引下げ例 (1).png

 

金利引下げ例 (2).png

名称未設定のデザイン (9).png

金利引下げ例 (3).png

 

アスタリスクライン.png

Q.親子リレー返済とは何ですか?フラットで親子リレー返済はできますか?

A.お申込みご本人とその後継者が2世代で住宅ローンを返済していく返済方法です。

 

フラットは親子リレー返済ができます。

福井県内で親子リレー返済を取り扱っている銀行は、ごく一部で限定的です。

後継者の年齢をもとに借入期間を算出するため、借入期間を長くすることができます。

また、2世代の年収を合わせて借入希望額を算出することができるので、1世代で借りるより多く借入をすることができます。

 

~フラットの親子リレーの場合~

フラット35の親子リレー返済はご利用範囲が広いのが特徴です ⇦Point✨

●以下の3つの条件すべてに当てはまる方1人を後継者にできます。

①申込みご本人の子・孫など(申込みご本人の直系卑属)、またはその配偶者で定期的収入のある方

※直系卑属とは…自分より後の世代(子・孫・ひ孫など)に属する直接の血族のこと。

②申込時の年齢が満70歳未満の方

③連帯債務者になる方

●申込みご本人の年齢にかかわらず、後継者の申込時の年齢を基に借入期間を選ぶことができます。

 

アスタリスクライン.png

Q.ほかのローンも返済中なんですが、住宅ローンを組めますか?

A.返済金額や収入など、お客さまの状況によって変わります。

 車やほかのローンも返済しながら、住宅ローンを借りる方も多くいらっしゃいます。

 無理のない住宅ローンの借り方・返済方法を一緒に考えていきましょう(^^)

 

アスタリスクライン.png

Q.自営業やパート、契約社員、シングルファザー・シングルマザーでも住宅ローンを組めますか?

A.自営業・パート、契約社員、シングルだから借りられないということはございません。

 

お客さまの状況によりますので、一概に申し上げられませんが

フラット35の場合は上記理由によって借りられないということはございません。

フラット35は、転職間もない方、契約・派遣社員の方、自営業の方など幅広い方のご利用が可能なことが強みの1つです。

個別にご相談いただけたらと思います😊

 

 

金利引下げについてのコピー (2).png

アスタリスクライン.png

Q.連帯債務とは何ですか?

A.1つの借入れを複数の物それぞれが全額の責務を負うことを言います。

住宅ローンにおける連帯債務の場合、夫婦や親子など2人のうちどちらか1人が主債務者となり、もう1人が連帯債務者として借り入れを行います。その場合、連帯債務者も主債務者と同じ責務を負うことになります。

 

アスタリスクライン.png

Q.総返済負担率とは何ですか?

 A.返済比率のことです。住宅ローンでは「年収に占める年間返済額の割合」を表します。

返済比率が低い方が余裕をもって返済していきやすいため、無理のない返済を続けていくために借入額を決める目安として用いられます。審査時に利用する大切な指標です。

 

アスタリスクライン.png

Q.住宅ローンを借りるのはどの金融機関がいいのでしょうか🏦

A.お客さまの取引状況や、ご予算、手持ち資金などによって変わってきます。

また、金融機関によって金利や借り入れ条件も違います。

地元金融機関の金利状況などはチェックしてありますので、お客さまにぴったりな住宅ローンをご提案させていただきます。

 

金利引下げについてのコピー (3).png

アスタリスクライン.png

 Q.相談には料金がかかりますか?💰

A.いいえ。無料の相談ですので料金はかかりません。ご安心ください。

弊社は相談事業と並行して、住宅ローンの販売代理事業を行っておりそちらで収益を上げています。

全期間固定型住宅ローン【フラット35】、変動金利型や当初金利固定型、さらにつなぎ融資など様々な種類の住宅ローン商品を取り揃えております。

もし弊社の住宅ローンを気に入っていただけましたらお選びいただけますとありがたいですし、他金融機関の住宅ローンをお選びいただいてもかまいません。

ご相談の際には、それぞれの金融機関の特徴などもお話いたしますので、それを参考にしていただきお客さまにぴったりの住宅ローンを一緒に考えていけたらと思っております。

 

アスタリスクライン.png

Q.住宅ローンの相談はどんなことを相談できますか?

A.住宅ローンのことならなんでもご相談いただけます。

どの金利タイプがいいのか、どの金融機関がいいのか、どれだけ借りられるのかなどがよくいただくご質問です。

住宅ローンがよく分からなくて、何を聞いていいのか分からないというご相談ももちろんOKです!

その場合はまず、無理のない予算立て、具体的にどれぐらい借り入れできるか、金利タイプのご説明、住宅ローンの選び方等についてご説明させていただきます。

 

アスタリスクライン.png

Q.どのタイミングで住宅ローン相談をするといいですか?

A.マイホームのご購入を考え始めたタイミングをおすすめしています。

建築会社さんとマイホームの打ち合わせをしているうちに、気づいたら建築費用がどんどん上がってしまった!というようなお話をよくお客様からお聞きします。

住宅ローン相談ではご自身がいくら借り入れできるのか、無理のない返済金額はいくらかが分かりますので、それをもとに、建築や土地・中古住宅を探していただくことをおすすめしています。

そうすることで、住宅ローンの借りすぎを防ぎ、安心して返済をしていくことができます。

家の展示場を回る前に、不動産を探す前に、ぜひベストバンクの住宅ローン相談をご活用ください!

 

アスタリスクライン.png

Q.マイホームの購入を考え始めたばかりで、住宅ローンのことが全く分かっていません。それでも住宅ローン相談を利用してもいいですか?

A.もちろんかまいません(^^)

誰でも最初は分からないことばかりだと思います。

こんな初歩的なこと聞いてもいいのかな?なんてことはご心配なさらず、なんなりとご相談ください。

 

アスタリスクライン.png

Q.電話やメールでの相談もできますか?📩

A.できます。メールでしたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

もしお時間がございましたら、ご来店して相談いただけますとより具体的なお話ができます。

お忙しいと思いますが、大切な住宅ローンのことですのでご来店をおすすめしております。

 

\メール問合せ・来店予約はこちらから/

 お問い合わせはこちらから.png

お電話での相談はこちら 0120-03-0140

営業時間:9:30~18:00

 

定休日:水曜・日曜・GW・お盆・年末年始

 

アスタリスクライン.png

Q.子供を連れて行ってもいいでしょうか👶

A.もちろんかまいません。

個別相談ですので、他のお客さまのことを気にすることなくご利用いただけます。

 

アスタリスクライン.png

Q.来店相談はどれぐらい時間がかかりますか?⏰

A.1回の所要時間は60~90分程です。

もし聞き足りないことがございましたら、何度ご利用いただいてもかまいません。

何度ご来店いただいても無料ですのでご安心ください😌

2024.05.26 Sunday